タイミングと走行距離

廃車にするタイミングと走行距離

古くなって中古市場では中古車としての価値が無くなると廃車を考えるようになりますが、廃車を決める際の基準の一つに走行距離があります。走行距離によって査定額が変わりますので、多ければ多いほど査定額が下がり中古車としての価値が下がっていきます。

現代の国産車は品質と精度が高くなっているため、メンテナンスをしっかりと行えば10万kmを超えても普通に走ることが可能ですので、エンジンや駆動系よりも先にボディが劣化することが多いという特徴があります。そのためしっかりとメンテナンスをしていれば、距離数に関係なく乗り続けることが可能です。ですから距離と廃車の関係には、主に中古車としての価値があるか無いかで判断することが多いのです。2000ccクラスの普通車であれば、5年目までは1年間に1万kmが標準となりますので、減額査定の出ない範囲となります。

5年で1年間に1万kmを超えるペースで走行していると減額幅が多くなるため、査定額では不利な状況となります。過走行の場合には減額幅が大きくなりますが、基本査定額よりも減額幅が大きくなれば下取りはおろか買取もできなくなります。

10年経過で7万kmが標準ですから、この程度の走行距離までは標準と言えるものですが、基本価値が無くなる年数となりますので、買取は困難となる場合が多くなるのです。乗り換えを行う際には頭金に使用することが可能ですから、少しでも価値が残っている状況で買い替えることが良い方法となります。

廃車にするかしないかはそれぞれの考え方次第となりますが、過走行となっても乗り続けることは可能ですから、基本価値と過走行による減額幅で考えていくことになります。下取りや買取査定では、過走行により減額が大きくなると査定が付かなくなりますので、そのままでは廃車費用を請求される場合があります。簡単に言えば出費が伴うためにマイナスとなりますが、査定額が付かない場合には廃車専門の買取店で査定を受け処分するのが良い方法です。

廃車専門店では金額の高低はありますが確実に買取が可能ですから、若干の売却金を得ることが可能です。処分費用を負担する必要が無く売却できますので、過走行などで価値の無い車は専門店の買取によって廃車にした方が経済的なのです。走行距離と廃車との直接的な関係はありませんが、買取を利用する際に査定が付かず処分費用が必要になる場合には、廃車専門店に売却した方が良いのです。