廃車手続きの方法

名義人死亡の場合の廃車手続きの方法

廃車手続きは車検証の名義人と実所有者が同じであれば簡単に手続きが行えますが、車検証の内容と実所有者が異なる場合には通常の手続きでは書類が不足してしまいます。また名義人死亡の場合には複雑な手続きが必要になりますので、トラブルの無いように進めるには行政書士や司法書士などの専門家に依頼することも考える必要があります。

名義人死亡の場合には相続が関係してくるため、相続権のある人の関係がこじれているとなかなかスムーズにいかない現実があります。相続権について問題が無い場合には直接行うことも可能ですから、正しい手続き方法を理解しておく必要があります。

名義人死亡の場合には、遺産分割協議書と戸籍謄本、除籍謄本、実印と印鑑証明書が必要になります。遺産分割協議書は相続権のある人全員の実印を押印し、同様に全員の印鑑証明書が必要になります。さらに死亡した人との関係を証明する書類として戸籍謄本や除籍謄本のどちらかが必要となります。

戸籍謄本に死亡と明記されている場合には除籍謄本は不要となります。印鑑証明書は相続権のある人全員と、新しく名義人になる人のものが必要となります。また委任状も必要となりますが、未成年者が相続権を持っている場合には住民票が必要ですし、委任状には親権者の実印が必要となります。

この他に実際に廃車にするために必要な書類が複数ありますので、廃車手続きの経験が無いと個人で行うことは困難な場合が多くなります。また廃車手続きだけではなく、死亡した場合には遺産相続の関係から簡単には手続きが進まないことが多いため、遺産相続後に廃車手続きを行った方がスムーズに進むことが多いと言えます。名義人死亡の場合の廃車手続きは、そのまま処分へと進むのではなく一度財産の相続をする形式をとってから廃車手続きへと進む流れとなります。

相続が関係してくると親しい家族の間にも亀裂が入ることがありますので、たかが廃車手続きと言っても簡単には進まないケースもあるのです。ですから名義人死亡の場合には相続権のある当事者同士が行うのではなく、行政書士や司法書士に依頼して進めることが大切なのです。

特に遺産分割協議書を作る段階でもめることが多いため、法律の専門家に依頼した方が精神的にも楽に進めることが可能なのです。相続が終わり新しい所有者の名義となれば、その後の廃車手続きは通常の場合と同じとなりますので、個人で手続きを行っても良いですが、車の処分がありますので業者に任せた方が楽に進めることが可能です。