登録方法

廃車にする際の登録方法

古くなって中古車として価値の無い車は乗り続けているうちに維持費がかかるようになりますので、一定のラインを決めて廃車をすることが大切です。価値の無い車にいつまでも故障の修理費用を掛けているのは不経済ですから、新車に乗り換えた方が経済的なのです。

一方で古くても希少性の高い車や思い入れがあるなどの理由から、処分せずに保管しておきたいというケースも出てきます。廃車とは、簡単に言えば車検を取らずにナンバープレートを外してしまうことですし、公道を走ることができなくなるだけで保管をしておくことも可能なのです。

廃車には目的の違いによって手続きが異なりますが、永久に抹消してしまう場合と一時的に車の使用を中止する方法があります。完全に処分する場合には永久抹消登録をすることになりますが、解体し中古パーツとして役に立つ場合もありますが、ほとんどの場合にはリサイクルによって資源に生まれ変わります。

絶対に乗る機会が無い場合で保管しておく必要が無い場合にとる方法となりますので、最終手段として行う方法となります。一時的に車の使用を中止する場合には、一時抹消登録の手続きをすることになります。一時的に使用を中止するだけですから、車検を取らずに保管しておくことも可能ですが、抹消しなければ保管中にも自動車税の納税義務が発生してしまいます。ですから自動車税を払っても良い場合には手続きをせずにそのまま保管しておくことも可能です。

廃車とはいっても一時抹消登録は車検が無い状態となりますので、車検を取得すれば再度乗ることができるようになります。手続きは自分で行えば僅かな費用で済みますが、慣れていないと簡単にはできないため業者に依頼した方が楽に進めることが可能です。

また一時抹消登録を行っても途中で気が変わり解体処分にするケースも多くなっていますので、業者に依頼すればそのまま解体処分の手続きへと進めることが可能です。
廃車と言っても手続きの方法によって内容が異なってくるため、処分を迷っている場合にはとりあえず一時抹消手続きを行うのが良い方法だと言えます。特に希少車の場合には解体処分後に後悔することもありますので、ある程度は保管しておくことも良い方法なのです。

解体処分とするには、一時抹消後に解体業者から処分してもらい解体抹消とする方法もありますので、一時抹消を選択しておくのも良い方法です。ただし一時抹消から永久抹消や解体抹消とする流れでは手続きの回数が多くなってしまいます。