永久抹消と一時抹消の違い

車の廃車手続きにおける永久抹消と一時抹消の違いとは

要約にもありますが自動車の廃車手続きには永久抹消と一時抹消の二種類があります。また、軽自動車と普通自動車では多少異なる手続きを行います。普通自動車は、陸運支局(運輸支局)で手続きを行います。軽自動車は、軽自動車協会で手続きを行います。それではこれから、それぞれの廃車手続きの特徴も含めてご説明していきます。

廃車手続きの永久抹消とは、もう二度と乗ることがない、つまり車が解体済みであったり、使用が不可能になり廃車する場合に行う手続きです。手続きの際に、解体業者による解体証明証が必要で証明証が発行されてから15日以内に手続きを行います。永久抹消を行えば自動車税を払うことがなくなるメリットがあります。

手続きをお店に依頼する場合は、所有者の印鑑証明書や所有者の委任状、車検証とナンバープレート、移動報告番号と解体報告記録がなされた日付の書類が必要になります。自分で手続きを行う場合は、上記の書類と手数料納付書、永久抹消登録申請書と解体届出書が必要です。
また地域によって異なりますが、自動車税・自動車取得税申告書が必要になる場合もあります。書類の費用は約100円からになります。
人によって必要な書類が変わるので費用が人それぞれ違います。

次に、廃車手続きの一時抹消とは、二度とその車に乗らないという状況ではなく、ただ車は所有するが公道は走らないためナンバーを返却するという廃車の場合に行う手続きです。もちろん一時的な廃車手続きなので、再度登録をすることが可能になります。

例えば、中古車販売店に並んでいる車にはナンバーが付いていません。工場内で走っている車にもナンバーが付いていません。これらは、全て一時的な廃車をされている車になります。ただし、永久抹消では車検が残っていた場合還付金がありますが一時的な廃車にはないので注意しましょう。もちろん、自動車税はありません。

お店で手続きを行う場合の必要な書類は、所有者の印鑑証明書や所有者の委任状、車検証とナンバープレートです。また、自分で手続きを行う場合は、上記の書類と手数料納付書や一時抹消登録申請書が必要な書類です。自動車税・自動車取得税申告書は地域によって異なるので確認が必要です。書類の費用は約350円からで住所が違う場合など特例があると費用は変わります。
もう一度乗る可能性があるかもしれない場合や、中古車として販売する可能性がある場合は、一時的に廃車手続きを行うといいでしょう。