廃車にかかる費用

廃車にかかる費用は

自動車を廃車にするためには諸々の手続きといくらか費用が必要になります。廃車を行うためにはどういった費用がどれくらい必要になるのでしょうか。まず必要な料金の中にはリサイクル料金というものがあり、これは平成17年に自動車リサイクル法という法律が施行されて、廃車を行う際には車ごとに決められた料金を支払うようになりました。

このリサイクル料金というのは平成17年の2月以降に車検を通した車の場合は、車検時にリサイクル料金が徴収されていますので、実際の廃車時にさらに料金が発生することはありません。リサイクル料金は普通車で1万円前後、軽自動車で8000円前後、大型車の場合は2万円前後となっています。

解体業者に自動車の解体を依頼する時に1万円程度の料金が必要になります。また自力で走行が不可能な場合や車検切れによって公道を走れなくなっている状態となり、車のある場所まで引取りが必要になって場合はさらに1万円かかることになります。これは引取りの際に移動する距離によって料金が違ってくるのですが、距離が長くなるにつれてそれ以上の料金がかかる場合もあります。

書類の手続きの際にかかる費用ですが、廃車にする場合は抹消登録手続きが必要になります。自分で手続きを行う際に必要になってくるのは検査登録印紙代の350円となります。この手続きは各陸運局の窓口に問い合わせを行い用紙を発行してもらえるのですが用紙代として100円ほど必要になります。

この抹消手続きの登録は代行を依頼することが出来ます。陸運局まで手続きする時間がとれないなどで手続きの代行を依頼することが出来ます。車を解体する際に解体業者に合わせて手続きの代行を依頼することが出来ますし、書類の発行だけなら行政書士に手続き代行の依頼をすることが出来ます。代行を依頼した場合は場所によって違いがありますが、手数料が発生します。

自動車の解体を行う場合、スクラップにした後の鉄は資材として売れることがありますので、お金をもらえることがあります。この料金は普通車の場合は1万円~3万円、軽自動車の場合でしたら3000円~1万円くらいになり、実際に廃車手続きをすることによってプラスになることもあります。ただし鉄はその時の相場によって料金が変動することもあります。

書類の手続きを自分で行い、解体業者に持ち込みを行って廃車を依頼する場合でしたら、費用をほとんどかけずに自動車を処分することが出来ます。